Subscribe to カードローンのメリット・デメリット【よく知って得しよう!】 Subscribe to カードローンのメリット・デメリット【よく知って得しよう!】's comments

消費者金融からお金を借りれば返済をしていかなければならないのですが、返済が生活の負担にならないように気をつける必要があります。例えば、月収20万円の人が、月々10万円ずつ返済していかなければならないとなると、生活を送っていくのが難しくなるのではないでしょうか。極端な例ですが、返済金額が大きくなると生活が苦しくなると言うのは、すぐに分かることです。
では、実際にはどれくらいの返済額がよいのでしょうか。生活に負担を与えないようにするためには、月収の2割くらいに納めるのがよいでしょう。最大で月収の2割と言うことですから、例えば月収が20万円の人なら、月々4万円くらいまでの納めておこうと言うことです。
どれだけ借りれば月々の返済金額がどれくらいになるのかを知ることは、それほど難しいことではありません。返済シミュレーションを用いれば、簡単に計算できるでしょう。消費者金融のウェブサイトでは返済シミュレーションができる場合が多いですから、借入をする前に利用するべきでしょう。

消費者金融に返済をする方式はいくつもあるのですが、まず元金均等と元利金等との違いを把握しておく必要があるでしょう。元金均等とは、一定の元金と、それに対する利息を返済していくと言うものです。元金は毎月一定金額を返済していきますから、元金は毎月減っていきます。元金が減れば利息も小さくなりますから、月々の返済額は徐々に減っていくことになりますから、返済していることを実感しやすいと言えるでしょう。
元利金等とは、元金と利息の合計を一定にして返済していく方法を指します。返済した金額のうちに一部が利息の返済に充てられ、そしてその残りが元金の返済に充てられます。最初のうちは元金の金額が大きいですから利息の金額も大きくなります。利息の返済金額が大きくなりますから、元金はあまり減らなくなります。ですから、全体的に考えれば、支払う利息の合計は大きくなると言う特徴はあります。ただ、毎月の返済金額が一定ですから、返済計画は立てやすいという特徴があるのです。